(4/9)二の宮吾妻山の桜、平塚の温泉T


デースケドガーが終わって

デースケドガーSEOコンテストが終了しました。トップ100には入れませんでしたが、善戦致しました。

ここから。通常営業に戻ります。

何が変わったって?あんまり変わりはないとおもうが。

トランペットで起きる腰痛

ある日のことである。某高校吹奏楽部のOBである僕は、現役生の吹奏楽部の演奏会を聴きにいくことにした。

関係者意外にはわからないかも、なんとまあ、期待と不安が混じった気持ちである。

さと、演奏は・・・僕立ちの頃と比べて格段にうまくなっていた。うれしいようなさびしような。もう、気軽に先輩風をふかすことができなくなったから。

その影響か、久しぶりにトランペットをいじってみた。

でる、いつもの通り。ケド、現役生と音が違う。僕好みとしてはバーンと響く音であるが今の高校生はパーンと柔らかい音である。

そして喜劇?いや悲劇は起こった。

「ウゲぇ゜ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゜〇゜)ノアウアウ 」

唇が裂けたわけではない。ここ腰がイッテもうた。



整体にて

すぐさま某整体へ。まさにゴットハンドである。傷みが軽くなる。何回か腰の痛みで通っているところである。

またある日腰が爆発?!したのでその整体へ。
「運動していないでしょ」
「はぁ」
「歩かないとねぇ」
「とはいっても」
「いま、さくらがきれいだから」
「どのへん」
「二の宮の吾妻山がきれいだから行って御覧なさい」

・・・前置きが長くなった。どうも吾妻山が気になる。明くる日そこに出かけることとした。

案内図

さて、東海道線の二の宮駅をでてすぐに吾妻山はあった。ゆるやかなさかみちである。楽勝〜!と思ってあったが甘かった。

けっこうデカイのである。オマケに車で頂上へは行けない。階段のみである。

整体の先生の言うことだまさに「エクササイズ」に最適なロケーションである。

ヒィヒィいいながら頂上へ

かなり、きつい階段を上る。きついと思うのは自分の体力不足のせいか。頂上につくとそこは広場であった。みなおもいおもいのカッコで花見をしている。

桜ごしに海が

ここまできたごほうびか、桜の向こうに海が見える。なかなかのロケーションである。

サクラサク

多分、今日あたりが満開であろうか。これは別の位置から撮った桜である。満開である。

で、やっぱり温泉

やはりというか、温泉である平塚西口徒歩2分。湘南ひらつか太古の湯、グリーンサウナである。西口から出て左へ。

温泉で一息

チョイト、料金データを紛失してしまった。あしからず。入浴時間によって異なるのでご注意を温泉はカルシウム・ナトリウム−塩化物温泉である。

いやぁきくぅうぅぅぅぅぅ。

桜に囲まれた1日であった。




前のページへ
戻る
トップページへ
トップ
次のページへ
次へ