水上駅



家路へ

水上駅。

駅弁を買う。最後の一個だった。
この駅からも多少乗ってくる人もいた。

高崎あたりの若い人が
「チョイとひとすべり」にくるのだろうか。

高度がだんだん下がるにつれ雪は消えていった。

高崎、上野、東京と乗り継いで自宅についた。
走行距離(時刻表の営業キロで)およそ640Km

雪の中の一日であった。



前のページへ
戻る
トップページへ
トップ